お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 [PR] くりっく365の手数料が無料に
くりっく365比較ナビ
くりっく365比較 << TOPページへ [PR] 1クリックで取引可能なスピード注文 GMOクリック証券のくりっく365
はじめに
 
くりっく365業者を比較
 
くりっく365取扱い業者
 
スポンサーサイト
[PR] GMOクリック証券【くりっく365】
 


 
業者を選ぶポイント

Copy Right 2007-2015
くりっく365比較ナビ All Rights Reserved


給与所得および退職所得以外の所得の合計が20万円を超えた場合には、
確定申告が必要となります。

くりっく365に掛かる税金は、申告分離課税 (※1) で一律20%です。
(※1) 申告分離課税とは、他の所得と合算しないで税金が決まる制度です。

ケース1 : 給与所得が300万円で、くりっく365で20万円の利益を上げた場合
確定申告の必要はなし。
(※) くりっく365以外の雑所得がある場合など、確定申告が必要なケースがあります。

ケース2 : 給与所得が300万円で、くりっく365で50万円の利益を上げた場合
給与所得(300万円)について総合課税、くりっく365利益(50万円)について申告分離課税されます。
【給与所得への税金】計算式 = 195万円×15% + (300万円-195万円)×20% = 50万2500円
【くりっく365への税金】計算式 = 50万円×20% = 10万0000円
この場合、給与所得(300万円)とくりっく365の利益(50万円)に対する課税額は、
50万2500円 + 10万円 = 60万2500円となります。

ケース3 : 給与所得が300万円で、くりっく365で200万円の利益を上げた場合
給与所得(300万円)について総合課税、くりっく365利益(200万円)について申告分離課税されます。
【給与所得への税金】計算式 = 195万円×15% + (300万円-195万円)×20% = 50万2500円
【くりっく365への税金】計算式 = 200万円×20% = 40万0000円
この場合、給与所得(300万円)とくりっく365の利益(200万円)に対する課税額は、
50万2500円 + 40万円 = 90万2500円となります。

ケース4 : 給与所得が300万円で、くりっく365で1,000万円の利益を上げた場合
給与所得(300万円)について総合課税、くりっく365利益(1,000万円)について申告分離課税されます。
【給与所得への税金】計算式 = 195万円×15% + (300万円-195万円)×20% = 50万2500円
【くりっく365への税金】計算式 = 1,000万円×20% = 200万0000円
この場合、給与所得(300万円)とくりっく365の利益(1,000万円)に対する課税額は、
50万2500円 + 200万円 = 250万2500円となります。


(※) 税金、確定申告の詳細につきましては、税務署・専門家 (税理士) にお訊ねください。
[HP] 国税局タックスアンサー



サイトマップ 運営者情報 免責事項 FX比較 商品先物比較